高齢者の生活を守るには~ガラス修理に関する知識を得る~

高齢で足を悪くしている人ならガラスの問題は業者にお任せしよう

高齢者はガラス修理で風災だけでなく防犯対策が必要

窓ガラスが破損時した時の対処

実際の体験談

飛散防止フィルムなら安心 (東京都板橋区)

強風で窓ガラスが割れると、その破片で怪我をすることがあります。それを防ぐためにも、飛散防止フィルムをガラスに貼っておくといいかもしれません。このフィルムを貼ることで、ガラスが割れても破片が散ることを防ぐことができますよ。それに、ペットボトルと同じ素材でできたフィルムですから、ガラスが割れても破れないため破片で怪我をすることを防ぐことが可能です。

業者に貼ってもらうとキレイに仕上がるから安心(千葉県浦安市)

フィルムを扱う業者では、代わりにガラスに飛散防止フィルムを貼ってくれますよ。窓ガラスを清掃してから貼ることで、キレイな状態でフィルムを貼ることができます。特に自分で上手く貼れない人は、業者に依頼すれば被害を最小限に抑えられるのがいいですね。これも風災対策の1つですから、早めの対策をしておくのがおすすめです。

窓ガラスによって安全性が保たれる

防犯に最適なガラス

戸締りをしているだけでは、空き巣対策とはいえません。ガラスを割って簡単に侵入してきますから、防犯ガラスと交換することをお勧めします。防犯ガラスは2枚の板ガラスの間に、耐久性の高い中間膜を挟んだガラスのことです。このガラスを取り付けることで、バールによる打ち破りやドライバーのこじ破りで強引にガラスを割って侵入することを防ぐのです。

空き巣は下見をする

マスクをかぶった人

空き巣は侵入する家を下見して、住人の特徴を調べてから犯行に及びます。高齢者が住んでいる家は、空き巣にとって侵入しやすく足を悪くしている人は特に狙われやすいというデータがあるのです。被害に遭ってからでは遅いため、高齢者の人は防犯対策に有効的な防犯ガラスへのガラス修理と交換を急ぐ必要があります。

TOPボタン