高齢者の生活を守るには~ガラス修理に関する知識を得る~

高齢で足を悪くしている人ならガラスの問題は業者にお任せしよう

ガラス修理を行なう際に火災保険を利用することができる

風災対策としてのガラス交換

ガラスは経年劣化してしまい、耐久性が落ちて簡単に割れてしまうのです。それを防ぐためにも、ガラス修理を依頼する際に強化ガラスと交換してください。強化ガラスはガラスを加熱して急激に冷やすという処理を行ない、通常の板ガラスよりも耐久性を高めたガラスのことです。普通よりも強度は3倍~5倍で、万が一割れても粒状になって割れ怪我をする危険性を大幅に減らすことが可能です。日本では台風によってガラスが割れる被害が多いため、早めにガラス交換をして災害時に備えておきましょう。

ガラス修理では火災保険の適用あり

▼ 風災保証
火災保険には風災保証というものがあり、台風や強風のせいで家に被害を受けた時に適用される保険のサービスです。飛来物で窓ガラスが割れた、風のせいで屋根瓦やテレビアンテナが壊れた際に風災保証を利用できます。保険申請することを手間だと思う人がいますが、適用されればガラス修理の料金を安くできます。火災保険に加入しておけば、風災による修理費用の負担を軽減することに繋がるのです。
▼ ガラス修理業者に依頼するメリット
ガラス修理業者では、修理や交換の前に風災保証が適用されるかチェックしてくれます。適用されるならば、お客さんの代わりに保険申請を行なってくれるのです。申請の手続きは手間がかかるため、面倒に思う人も多いでしょう。修理業者に依頼することで、手間をかけずに申請することができ保険金を利用することが可能です。修理を依頼する際に、保険の申請を行なってくれるか業者に相談しておきましょう。
TOPボタン