高齢者の生活を守るには~ガラス修理に関する知識を得る~

高齢で足を悪くしている人ならガラスの問題は業者にお任せしよう

ガラス修理業者は高齢者の人が利用しやすくなっている

ガラス破損は修理業者の出張サービスを利用する

自宅のガラスが破損した場合は、自分で処理しないといけません。ですが、高齢者だと一人での対処は難しく、最中にガラスで怪我をする恐れがあります。安全のためにもガラス修理業者に依頼したほうがいいので、ここでは修理業者に依頼する時の手順を紹介します。

電話でお問い合わせ

ガラスが破損したらまずは、ガラス修理業者に電話して状況を説明してください。どのガラスが破損しているか、ヒビが入っているなどの詳しい状況をガラス修理業者に伝えることが大切です。ガラス修理業者が修理のために現地調査をしますから、都合のいい日を報告しましょう。

現場の状況を見てもらった上で見積もりする

ガラス修理業者が現地調査のために自宅を訪れて、修理に必要な作業や作業で発生する費用の見積もりを提示します。提示した後に何故その価格になるのか説明して、納得すれば契約成立で修理を始めます。見積もりで分からない点があれば、その時に納得できるまで教えてもらってください。

ガラス修理後にお支払い

契約成立すればその日に修理を行ない、迅速で丁寧な仕事でガラス修理と交換を行なってくれます。作業終了した後に費用の支払いとなるので、安心して作業を任せることができるでしょう。また、業者から今後同じような被害がないようにアドバイスを行なってくれます。

ケガをしないためにも近づかないことが大切

ガラスが割れたらすぐにガラス修理を行なう必要があり、 修理業者に相談 して駆けつけてもらいましょう。待っている間は、できる限りガラスの破片を回収しておくことが大切です。破片で怪我をする恐れがあるので、必ず手袋を着用してから作業を行なってください。大きな破片を落としてしまうと、更に割れてしまい破片が増えてしまいます。そのため、落とさないように段ボールに回収しましょう。高齢者で足腰を悪くしている人は、片付けをしようとすると危険です。その場合は、無理に片付けをせずに近づかないようにしてください。

費用について事前に知っておきたいこと

状況によって金額が変わる可能性がある

作業員

ガラス修理の費用は、状況によって変わる可能性があります。例えば、高い位置にあるガラスの場合はクレーン車が必要になり、それを使用するために費用が追加されるのです。雨天時の修理も、雨の中作業を行なうため費用が通常よりも高くなります。台風で窓ガラスが割れた場合も、風が強く雨が降り続けている中で修理を行なわないといけません。そのため、人員を増やす可能性があり修理の金額が高くなってしまうので注意してください。

現金の持ち合わせがなくても大丈夫

計算機を持つ女性

天候によってガラスが割れることは、突発的な事故なので予想できません。そのため、ガラス修理を依頼しても手持ちがなく 修理費用を支払う ことができない場合もあるでしょう。業者によっては後払いや分割払いなどの支払い方法を取り入れている所があります。後払いならば天候が悪い時にお金を下ろす必要はありません。また、高齢者などでカード持っていなくても後払いや分割払いで支払うことが可能です。様々なお客さんに対応できるような業者ならば問題ありません。

TOPボタン